経済

日産の18年新車販売前年超へ ゴーン影響回避急務

 日産自動車の2018年の国内新車販売台数が、2年連続で前年を上回りそうだ。日本自動車販売協会連合会などが3日に発表した1~11月の累計台数が、軽自動車も含め前年同期比で増加した。小型車「ノート」などが好調だったためだが、前代表取締役会長のカルロス・ゴーン容疑者の逮捕でブランドイメージが傷ついており、消費者離れを回避できるかが急務となる。

 日産の軽は1~11月累計で4・1%増、軽以外の登録車が5・0%増だった。

 17年は、新車の無資格検査問題に伴う生産の一時停止で終盤に失速したが、ノートのハイブリッド車や軽の人気で前年比で増加していた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス