スポーツ

バスケ男子、日本はカザフに勝つ F組3位に浮上、W杯予選

 日本―カザフスタン 第1クオーター、シュートを放つファジーカス(右)=富山市総合体育館

 バスケットボール男子の2019年ワールドカップ(W杯)アジア2次予選は3日、富山市総合体育館で行われ、日本はカザフスタンを86―70で破り、6連勝で6勝4敗とし、W杯出場圏内のF組3位に浮上した。

 日本は相手の力強い攻撃に苦しみ、第3クオーターまで接戦を強いられたが、ファジーカス(川崎)が41得点、15リバウンドと活躍し、第4クオーターに突き放した。

 アジア2次予選はカザフスタン戦が国内での最後の試合となり、来年2月に敵地でイラン、カタールと対戦する。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • ご案内