スポーツ

ボクシング、清水が4度目防衛 東洋太平洋フェザー級

 ボクシングの東洋太平洋フェザー級タイトルマッチで勝利し、4度目の防衛にポーズをとる清水聡=後楽園ホール

 ボクシングの東洋太平洋フェザー級タイトルマッチ12回戦が3日、東京・後楽園ホールで行われ、2012年ロンドン五輪バンタム級銅メダルの清水聡(大橋)が挑戦者の上原拓哉(アポロ)を3回TKOで下し、4度目の防衛に成功した。

 32歳の清水は2回に3度ダウンを奪い、3回には得意の左ストレートで倒し、レフェリーが試合を止めた。

 戦績は清水が8戦全てKO勝ち、23歳の上原は17戦16勝(10KO)1敗。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • ご案内