くらし

神戸ルミナリエ試験点灯 24回目の犠牲者追悼

 阪神大震災の犠牲者を追悼する光の祭典「神戸ルミナリエ」の開幕を前に、試験点灯で浮かび上がった光のアーチ=3日夜、神戸市

 阪神大震災の犠牲者を追悼する光の祭典「神戸ルミナリエ」が始まるのを前に3日夜、会場となる神戸市中央区の旧外国人居留地と東遊園地で試験点灯があった。24回目の今年は「共に創ろう、新しい幸せの光を」が作品テーマ。7日に開幕し16日まで。

 主催者によると、昨年より約10万個多い約51万個の発光ダイオード(LED)を使用。旧外国人居留地では約270メートルの範囲に16基のアーチを設置したほか、東遊園地に高さ約20メートルの塔や聖堂をかたどった装飾を置いた。


(共同通信)