国際

仏大統領、EU会談中止 デモ緊急対応、外遊も延期

 デモで衝突があった凱旋門付近を視察するフランスのマクロン大統領(中央)=2日、パリ(ロイター=共同)

 【パリ共同】フランスのマクロン大統領は3日、パリで4日に予定していた欧州連合(EU)のユンケル欧州委員長との会談中止を決め、5~6日に予定していたセルビア訪問の延期も同国のブチッチ大統領に伝えた。フランスのメディアが報じた。

 フランス国内では1日にパリや各地で行われた燃料税引き上げなどに抗議するデモに伴い、警官隊との衝突や破壊行為が多発し、マクロン氏は緊急対応を迫られている。

 マクロン氏は3日、フィリップ首相やルメール経済・財務相らと協議した。このためルメール氏はベルギー・ブリュッセルで開かれたEUのユーロ圏財務相会合を途中で退席した。


(共同通信)