スポーツ

阪神の上本は6千万円でサイン 左膝故障からの復帰目指す

 契約更改交渉後、記者会見する阪神の上本=4日、兵庫県西宮市の球団事務所

 今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使せずに残留した阪神の上本が4日、契約更改交渉に臨んだ。昨年の交渉で4300万円とみられていた今季の年俸は6千万円だったもようで、この日は現状維持でサインした。左膝の故障からの復帰を目指しており「不安が一切ないとは思っていない。その中でやるしかない。やれるだけやる」と来季への意気込みを語った。

 2年目の大山は500万円増の年俸3千万円、北條は600万円増の年俸2600万円、伊藤隼は400万円増の年俸2200万円で更改した。(金額は推定)


(共同通信)