芸能・文化

赤木春恵さんにお別れ 「明るい笑顔忘れない」

 赤木春恵さんの告別式で弔辞を読む葬儀委員長の石井ふく子さん=4日午後、東京都杉並区

 テレビドラマ「渡る世間は鬼ばかり」のしゅうとめ役などで知られ、11月29日に94歳で亡くなった赤木春恵さんの告別式が4日、東京都杉並区の築地本願寺和田堀廟所で開かれた。

 祭壇は、赤木さんが好きだったトルコギキョウで彩られ、ほほ笑みを浮かべる遺影が飾られた。葬儀委員長のプロデューサー石井ふく子さんは弔辞で「ママ(赤木さん)にお世話になりました。明るい笑顔を一生忘れません」と語り掛けた。脚本家橋田寿賀子さんからの「おおらかなお人柄のとりこになり、私のホームドラマになくてはならない女優さんになった」との弔辞も代読した。


(共同通信)