国際

国連パレスチナ難民機関、資金難 米の拠出中止で、各国に支援訴え

 取材に応じる国連パレスチナ難民救済事業機関のクレヘンビュール事務局長=5日午後、東京都内

 来日中の国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)のクレヘンビュール事務局長が5日、東京都内で共同通信の取材に応じた。最大の資金拠出国だった米国が拠出中止を決めた影響で、今年は2100万ドル(約23億円)の資金がまだ不足していると明かし、「来年も厳しい財政状況が続く」と述べ、各国に継続的な支援を呼び掛けた。

 UNRWAはシリアやレバノンなどで診療所や約700校の学校を運営しており、来年も今年と同規模の総額約12億ドルが必要だという。

 事務局長は、UNRWAは任意の拠出に依存しているため、学校などの運営が続けられるかどうか不透明だとした。


(共同通信)