くらし

駅でAIの案内、実験始まる デビュー戦は雑音に苦心

 報道関係者に公開されたAIを活用した案内システムの実証実験=7日午後、JR池袋駅

 人工知能(AI)を活用した利用客への案内システムを駅や駅ナカの商業施設に本格導入するための大規模な実証実験が7日、JR山手線の東京、浜松町、品川、新宿、池袋、上野の6駅で始まった。

 池袋駅では、報道関係者に実験の様子が公開され、ロボット型携帯端末「ロボホン」が登場した。「東京駅に行きたい」との移動ルートの問い合わせに対応したが、構内は通行人が多く、雑音で人間の音声を聞き取るのに苦労。機器の再起動ややりとりを繰り返した結果「7番線です」と正解を出していた。

 JR東日本は訪日外国人の増加や駅員の減少に備え、AIを積極活用したい考え。


(共同通信)