社会

外務省部長、酔って暴力・暴言 懇親会で「態度悪い」、懲戒処分

 外務省

 外務省は7日、外務省の牛尾滋アフリカ部長(56)が知人との懇親会で酒に酔い、参加者に暴言を吐いたり、足を蹴るなどの行為をしたりしたとして、戒告の懲戒処分とした。

 関係者によると、懇親会は11月22日夜に東京都港区の衆院赤坂宿舎内で開かれ、国会議員や官僚、記者らが参加した。牛尾氏は「態度が悪い」などと言って近くにいた出席者の足を蹴り、止めに入った複数の出席者にも殴りかかったり、暴言を吐いたりしたという。

 外務省人事課は、詳細について「相手方との関係を考慮し、差し控える」として公表していない。「本件を厳粛に受け止め、省内の綱紀粛正に一層努める」とした。


(共同通信)