経済

GDP、4年ぶり減少幅 戦後最長景気に米中摩擦不安

 内閣府が10日発表した7~9月期の実質国内総生産(GDP)改定値は前期比0・6%減、年率換算で2・5%減と、前回の消費税増税時以来4年3カ月ぶりのマイナス幅を記録した。災害の影響が和らぐ10~12月期は反動増が見込まれ、景気拡大期間は今月で戦後最長に並ぶことが確実視されるが、頼みの輸出は既に減速気味。米中貿易摩擦の終結は見えず、先行き不安は増している。

 7~9月期のGDP改定値は速報値の年率1・2%減から悪化し、最近では14年4~6月期(7・3%減)以来の大きさ。企業の設備投資は前期比2・8%減と9年ぶりの下げ幅だった。


(共同通信)