芸能・文化

羽生竜王、夢の100期なるか 将棋界初の偉業に挑む

 羽生善治竜王

 将棋の羽生善治竜王(48)に広瀬章人八段(31)が挑戦している第31期竜王戦7番勝負の第6局は12、13の両日、鹿児島県指宿市で指される。羽生竜王は前人未到のタイトル通算100期獲得にあと1勝に迫っており、偉業達成に挑む。

 対戦成績は羽生竜王の3勝2敗。ここで一気に勝負を決めるか注目が集まる。昨年12月、竜王を奪取して自身の通算タイトル獲得記録を99期に更新した。だが、その後に出場した名人戦と棋聖戦では敗れ、大記録を前に足踏みが続いている。

 竜王戦は2日制で、持ち時間は各8時間。12日夕に封じ手をし、13日朝に再開して同日夜には終局する予定。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス