スポーツ

アジア杯に吉田、南野、堂安ら サッカー日本代表、長友復帰

 左から吉田、南野、堂安

 日本サッカー協会は12日、2大会ぶり5度目の優勝を狙うアジア・カップ(来年1月5日~2月1日・アラブ首長国連邦)の日本代表23人を発表し、吉田(サウサンプトン)大迫(ブレーメン)南野(ザルツブルク)堂安(フローニンゲン)らを選出した。肺気胸から復帰した長友(ガラタサライ)が戻り、所属先で出番の少ない香川(ドルトムント)は外れた。

 16強入りしたワールドカップ(W杯)ロシア大会後に就任し、初の公式大会に臨む森保監督は東京都内で記者会見し「優勝を奪還し、タイトルを持ち帰ることを目標に戦いたい」と述べた。

 日本はF組で1月9日にトルクメニスタンと対戦する。


(共同通信)