経済

三菱重工業、航空機生産統合へ MRJとボーイング向け

 事業戦略について説明する三菱重工業の宮永俊一社長=12日午後、東京都港区

 三菱重工業は12日、国産初のジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」の機体製造と、米航空機大手ボーイング向けの部品生産の事業統合を検討していると明らかにした。MRJの本格的な事業化を見据え、費用を削減し、競争力を高めたい考えだ。

 三菱重工の宮永俊一社長は共同通信などのインタビューに対し「ボーイングの下請けと、MRJの製造を別にしておくのは二元管理で、間接部門が無駄になる」と述べた。MRJの量産が2022年ごろから本格化するとの見通しも示し「これから本格的な事業体制の準備に入る」と強調した。


(共同通信)