くらし

北海道新幹線、4時間切りへ 東京―新函館北斗間、来春実現

 走行する北海道新幹線=2017年3月、北海道知内町

 JR北海道は12日、来年春のダイヤ改正で北海道新幹線(新青森―新函館北斗)の所要時間を4分短縮し、東京―新函館北斗を最速3時間58分で結ぶと正式に発表した。2016年3月の開業から課題となっていた「4時間切り」が実現する。

 全列車で青函トンネル内の最高時速を現行の140キロから160キロに引き上げる。3時間58分で結ぶのは下り2本、上り1本の計3本となる。

 北海道新幹線は、在来線の貨物列車と共用する青函トンネル内では、すれ違う際の風圧で貨物列車が荷崩れを起こさないよう、これまで速度を抑えていた。今年9月の高速化試験で、安全に問題がないと判断した。


(共同通信)