くらし

JR東海、新特急「和」イメージ デザイン公開

 JR東海が2022年度から高山線や紀勢線などで導入する新型特急のデザイン

 JR東海は12日、高山線や紀勢線などで2022年度から導入する新型特急のデザインを発表した。外観は白と銀で、先頭車両の上部や前照灯は「和」をイメージし、漆器のような滑らかな曲線形状にしたという。前面から側面にかけてオレンジの帯を描いて躍動感も表した。

 内装は木目調にし、普通車の座席は赤やオレンジにして紅葉や花火、グリーン車は緑や紫に仕上げて新緑や川をそれぞれ表現したとしている。試験車4両を製造し、19年末に試験走行を始める。JR東海として初めてエンジンとモーターを組み合わせて走るハイブリッド方式となる。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス