経済

欧州議会、日EU協定承認 巨大貿易圏、2月実現へ

 ユンケル欧州委員会(EC)委員長(ロイター=共同)

 【ブリュッセル共同】日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)が12日の欧州議会(フランス・ストラスブール)で承認された。日本側は今月8日に議会手続きを終了しており、来年2月1日に発効の方向となった。EU加盟国は今月20日までにEPAを承認し批准手続きを完了させる方針。昨年の国内総生産(GDP)で世界の約28%、貿易総額は約37%を占める日欧の巨大な自由貿易圏が実現する。

 賛成474、反対152、棄権40と大差で承認。国際的課題での日EUの協力をうたう戦略的パートナーシップ協定(SPA)も承認された。


(共同通信)