芸能・文化

将棋、羽生敗れ3勝3敗に 竜王戦は最終局へ

 第31期竜王戦7番勝負第6局に敗れ、大盤解説会場でうつむく羽生善治竜王=13日午後、鹿児島県指宿市

 将棋の第31期竜王戦7番勝負第6局は12、13の両日、鹿児島県指宿市で指され、挑戦者で先手の広瀬章人八段(31)が81手で羽生善治竜王(48)を破って対戦成績を3勝3敗とし、決着を最終局に持ち込んだ。羽生竜王が第7局で勝てば前人未到のタイトル通算100期獲得、負ければ27年ぶりに無冠となる。

 対局は羽生竜王の後手番。大駒を交換し合う激しい展開から、次第に挑戦者にリードを奪われた。その後も差を詰めることができず、昼食休憩前の正午すぎに投了に追い込まれた。

 広瀬八段は初の竜王獲得が懸かる。最終の第7局は20、21の両日、山口県下関市で行われる。


(共同通信)