国際

徴用工巡り日韓議連トップが見解 打開策へ両国が「知恵の結集を」

 超党派の日韓議員連盟と韓国側の韓日議員連盟の合同総会が14日にソウルで開かれるのを前に、両議連トップがそれぞれ、共同通信と韓国の聯合ニュースの合同インタビューに応じた。日韓の懸案になっている元徴用工らへの賠償を日本企業に命じた韓国最高裁判決について、日本側の額賀福志郎会長は「適切な措置」を韓国に期待すると表明。一方韓国側の姜昌一会長は司法判断を尊重すべきだとし、打開策を見いだすため両国が「知恵を結集すべきだ」と訴えた。

 額賀氏は、元徴用工の請求権問題は1965年の日韓請求権協定で解決済みで、「両国の歴代政権も今日までその考え方を守ってきた」と指摘した。


(共同通信)