スポーツ

世界短水路、200平で小関4位 混合メドレーリレーで日本新

 混合200メートルメドレーリレー決勝 短水路日本新記録で4位となり、笑顔を見せる(左から)小関、川本、竹村。下は第4泳者の佐藤=杭州(共同)

 【杭州共同】25メートルプールで争う競泳の世界短水路選手権第3日は13日、中国の杭州で行われ、男子200メートル平泳ぎで小関也朱篤(ミキハウス)は2分2秒18の4位に終わり、3位に入った12日の100メートルに続くメダル獲得はならなかった。キリル・プロゴダ(ロシア)が2分0秒16の短水路世界新記録で制した。

 混合200メートルメドレーリレーで日本(竹村、小関、川本、佐藤)は1分37秒67の短水路日本新記録で4位となった。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス