スポーツ

卓球、早田・伊藤組が決勝進出 グランドファイナル

 女子ダブルス準決勝で競り勝ち、笑顔でタッチを交わす早田(左)、伊藤組=仁川(共同)

 【仁川共同】卓球のワールドツアー上位選手で争うグランドファイナル第2日は14日、韓国の仁川で行われ、ダブルス各種目の準決勝で女子の早田ひな(日本生命)伊藤美誠(スターツ)組が田志希、梁夏銀組(韓国)に3―2で勝ち、2年連続の決勝進出を決めた。

 混合の森薗政崇(岡山)伊藤組は黄鎮廷、杜凱琴組(香港)に、男子の森薗、大島祐哉(木下グループ)組は何鈞傑、黄鎮廷組(香港)に敗れた。

 シングルスは男子の準々決勝で張本智和(エリートアカデミー)が張禹珍(韓国)を4―1で下して4強入り。水谷隼(木下グループ)は1回戦を突破した。


(共同通信)