スポーツ

女子フルーレで桜井3位 車いすフェンシングW杯

 女子フルーレの障害Bで3位となった桜井杏理(右)=京都市

 車いすフェンシングのワールドカップ(W杯)京都大会第2日は14日、京都市のグランドプリンスホテル京都で行われ、女子フルーレの障害Bで桜井杏理が決勝トーナメントに進んで3位となった。準決勝で2016年リオデジャネイロ・パラリンピック金メダルのベアトリーチェ・ビオ(イタリア)に敗れた。

 男子エペは障害Aで中川清治、障害Bで藤田道宣と角田成が決勝トーナメントに進出したが、いずれも初戦で姿を消した。

 男子エペで障害Aの安直樹、加納慎太郎、笹島貴明、女子フルーレで障害Aの松本美恵子、障害Bの阿部知里、千坂香菜は予選で敗退した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス