スポーツ

バドのタカマツ、山口が4強 中国のWTファイナル

 女子ダブルス1次リーグ 中国組と対戦する高橋礼(奥)、松友組=広州(共同)

 【広州共同】バドミントンのワールドツアー(WT)ファイナル第3日は14日、中国の広州で各種目の1次リーグ最終戦が行われ、女子ダブルスで2016年リオデジャネイロ五輪金メダルの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)と永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)、女子シングルスの山口茜(再春館製薬所)、混合ダブルスの渡辺勇大、東野有紗組(日本ユニシス)がいずれも1次リーグ突破を決め、日本勢はシングルス3人、ダブルス4組の全員が準決勝に進んだ。

 高橋礼、松友組は陳清晨、賈一凡組(中国)に2―1で逆転勝ちし、タイのペアにストレート勝ちした永原、松本組とともに3連勝。


(共同通信)