スポーツ

W杯、高梨沙羅が今季最高の2位 ジャンプ女子

 個人第4戦で2位に入った高梨沙羅=プレマノン(共同)

 【プレマノン(フランス)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子は15日、フランスのプレマノンで個人第4戦(ヒルサイズ=HS90メートル)が行われ、平昌冬季五輪銅メダルの高梨沙羅(クラレ)が87・5メートル、85メートルの合計250・7点で今季最高の2位に入った。

 平昌五輪銀メダルのカタリナ・アルトハウス(ドイツ)が1回目の2位から逆転し、合計260・3点で今季2勝目、通算6勝目を挙げた。

 伊藤有希(土屋ホーム)は10位、岩渕香里(北野建設)は19位、丸山希(明大)は23位。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス