スポーツ

卓球、張本が初の決勝進出 グランドファイナル第3日

 男子シングルスで決勝進出を決め、雄たけびを上げる張本智和=仁川(共同)

 【仁川共同】卓球のワールドツアー上位選手で争うグランドファイナル第3日は15日、韓国の仁川で行われ、シングルスの男子準決勝で、張本智和(エリートアカデミー)がウーゴ・カルデラノ(ブラジル)を4―0で退け、初の決勝進出を決めた。

 水谷隼(木下グループ)は準々決勝で梁靖崑(中国)に4―2で勝ったが、準決勝で林高遠(中国)に0―4で敗れ、決勝での日本人対決は実現しなかった。

 女子の石川佳純(全農)は準々決勝で何卓佳(中国)に3―4で敗れた。1―3から追い付き、最終ゲームも一時リードしたが、逆転負けを喫した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス