社会

岐阜県農業大学校で豚コレラ 飼育施設で5例目

 飼育している豚から豚コレラ感染が確認された岐阜県農業大学校=15日夜、岐阜県可児市

 岐阜県は15日、同県可児市の県農業大学校で飼育している豚から豚コレラの陽性反応が出たと明らかにした。県施設では、5日に同県美濃加茂市の県畜産研究所で感染が確認されたばかり。岐阜市内の養豚場で9月、国内で1992年以来となる感染が確認されてから、県内の飼育施設で確認されたのは5例目。

 県によると、同校では豚13頭を飼育。研究所での発生を受けた今月14日の検査で1頭の白血球が減少していることが分かり、15日に行った国の精密検査で豚コレラ感染が確認された。これまで感染が確認されたウイルスと同一という。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス