国際

韓国、公共放送への介入で有罪 元高官、セウォル号沈没事故で

 ソウル中央地裁に入る韓国大統領府の李貞鉉・元広報首席秘書官=14日(聯合=共同)

 【ソウル共同】ソウル中央地裁は16日までに、公共放送の報道に介入したとして放送法違反の罪に問われた韓国大統領府の李貞鉉・元広報首席秘書官に懲役1年、執行猶予2年の有罪判決を言い渡した。韓国メディアは、政治権力者が放送に介入したとして刑事処罰を受けた例はないと伝えた。

 李被告は2014年に発生した旅客船セウォル号沈没事故の直後、政府の対応や救助活動の問題点を重要ニュースとして扱った公共放送KBSの報道局長に電話し「(批判的内容を)外してほしい」と介入したとして在宅起訴されていた。判決は14日付。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス