経済

11月マンション発売2・8%増 首都圏、3カ月連続で増加

 東京臨海部の高層マンション=6月

 不動産経済研究所が17日発表した首都圏(1都3県)の11月のマンション発売戸数は前年同月比2・8%増の3461戸で、3カ月連続で増加した。神奈川県で大型物件が相次いで売り出され、全体の数値を押し上げた。

 11月発売のうち月末までに売れた割合を示す契約率は53・9%で、6割を下回ったのは2016年1月以来。複数回に分けて販売する物件の第2期以降は契約率は低い傾向があり、こうした物件の発売が多かった。1戸当たりの平均価格は6017万円で、2カ月連続で前月を上回った。


(共同通信)