スポーツ

広島の野村、現状維持1・2億円 開幕投手務めるも7勝

 契約更改交渉後、記者会見する広島の野村祐輔投手=17日、マツダスタジアム

 広島の野村祐輔投手が17日、広島市の球団事務所で契約交渉に臨み、現状維持の1億2千万円で更改した。7年目で初めて開幕投手を務めた今季は、背中の筋挫傷などによる離脱もあり、7勝6敗、防御率4・22と振るわず「下がると思っていたのでありがたい。今までのキャリア(最高)を全部超えたいと毎年思っている」と30歳となる来季の巻き返しを誓った。

 西川龍馬内野手は1100万円増の3100万円でサインした。3年目は107試合で打率3割9厘、6本塁打、46打点と自己最高を並べた一方で拙守が目立ち、秋季キャンプでは外野守備にも挑戦した。(金額は推定)


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス