スポーツ

日本ハム移籍の秋吉らが会見 「優勝しか頭にない」

 日本ハムにトレードで加入し、入団会見で栗山英樹監督(中央)と記念写真に納まる谷内亮太内野手(左)と秋吉亮投手=17日、千葉県鎌ケ谷市

 日本ハムにトレードでヤクルトから加入した秋吉亮投手と谷内亮太内野手が17日、千葉県鎌ケ谷市の2軍施設で記者会見し、背番号は秋吉が「39」、谷内が「32」に決まった。

 秋吉は今季、5年目で最少の35試合の登板に終わったが、昨年はワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表にも選ばれた実績を持つ。「真っすぐを生かした投球を見てほしい。優勝の2文字しか頭にない」と力強く話した。

 内野の複数のポジションをこなす谷内は「僕にとってはチャンス。わくわくの方が大きい」と新天地での飛躍を期した。

 会見に同席した栗山英樹監督は「チームを引っ張ってほしい」と話した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス