経済

仏大統領のEU指導力低下 デモ対応で赤字が財政規律違反に

 【パリ共同】フランスのフィリップ首相は17日付の同国紙のインタビューに、2019年の政府予算の財政赤字が政権抗議デモへの対応で欧州連合(EU)の財政規律に違反する水準となると認めた。EUの統合推進を訴えるマクロン大統領にとり、欧州での指導力低下につながる痛い失点となりそうだ。

 フィリップ氏によると、19年予算の財政赤字はデモを受けて決めた最低賃金引き上げなどの家計支援策に伴い、国内総生産(GDP)の約3・2%となる見込み。加盟国に財政赤字をGDPの3%以下に抑えるよう定めるEUの「安定成長協定」に違反する水準だ。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス