経済

日立の英原発計画「もう限界」 採算見通し厳しく

 自身が会長を務める日立製作所の英原発建設計画について説明する経団連の中西宏明会長=17日午後、東京都千代田区

 日立製作所の会長を務める経団連の中西宏明会長は17日の定例記者会見で、日立の英原発の建設計画について、原発事業の採算見通しが厳しくなっているため「(今の枠組みでは)もう限界だと英政府に伝えた」と述べた。

 日立と英政府は英中西部アングルシー島で原発2基の建設を計画。2020年代前半の運転開始を目指していたが、安全対策の強化などで事業費が当初の2兆円から1・5倍の3兆円規模に膨らんだ。

 日立は英原発事業会社「ホライズン・ニュークリア・パワー」の出資比率を100%から引き下げるため、日本国内の電力会社などに出資を呼び掛けてきたが、難航している。


(共同通信)