政治

辺野古、沿岸部の土砂投入続く 沖縄、総事業費膨張と指摘

 沖縄県名護市辺野古沿岸部の埋め立て海域南側で続けられる土砂の投入作業=17日午後(小型無人機から)

 政府は17日、米軍普天間飛行場の移設先、名護市辺野古沿岸部で14日に着手した土砂投入を続けた。今後、作業を加速させたい考え。辺野古移設阻止を「絶対に諦めない」(玉城デニー知事)とする県側は、総事業費が最大で政府説明の7倍超となる恐れがあるとの独自の試算を根拠に、全体計画が不透明だと批判し、工事中止を訴えている。

 辺野古に建設する普天間代替施設の総事業費について、防衛省は「少なくとも3500億円以上」と説明。しかし県は、建設予定海域で指摘される「軟弱地盤」の改良工事が新たに必要となるとして、最大2兆5500億円の費用がかかるとの独自の試算を示している。


(共同通信)