スポーツ

バド、WTファイナル日本勢帰国 女子複覇者の高橋・松友も

 バドミントンのWTファイナルで女子ダブルスを制し、成田空港で金メダルを手に笑顔の高橋礼(左)、松友組=17日

 バドミントンのワールドツアー(WT)年間上位と世界選手権優勝者が出場するWTファイナルに出場した日本勢が17日、中国の広州から成田空港に帰国し、女子ダブルスを制した高橋礼華(日本ユニシス)は「毎日、強いペアと対戦するのが楽しかった。1週間通して自分たちのプレーを出せた」と満足げだった。

 来年からは2020年東京五輪の出場枠争いが始まる。ペアを組む松友美佐紀(日本ユニシス)は外国選手の「スイッチが入ってきている」と感じたそうで、来年に向けて「自分たちの形ができたら負けないというのを1年間かけて積み上げていきたい」と話した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス