スポーツ

バレーボール長岡が左膝靱帯損傷 全治8カ月で来秋復帰か

 長岡望悠

 バレーボールのVリーグ女子の久光製薬は17日、今季はイタリア1部リーグのイモコでプレーしていた日本代表のアタッカー長岡望悠が左膝前十字靱帯を損傷し、全治8カ月と診断されたと発表した。関係者によると、手術を経て復帰が来秋になる見込みという。

 2016年リオデジャネイロ五輪で活躍したサウスポーの長岡は昨年3月に同じ左膝前十字靱帯を断裂する大けがを負い、手術を受けた。今季は故障からリハビリも乗り越えて日本代表に復帰し、ジャカルタ・アジア大会や世界選手権に出場していた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス