エンタメ

『アリー/スター誕生』 ガガの、どスッピンな歌声に心臓がバクバクしました

(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

 1937年に作られた『スタア誕生』の3度目のリメイクに監督・主演のWで挑んだのは、映画『ハングオーバー!』シリーズでブレイクしたブラッドリー・クーパー。不朽の名作に、現代社会が生み出した「セレブ」の苦悩や、真実の愛、そして自分自身で居続けることの大切さというオリジナルのエッセンスを加え、処女作にして素晴らしい演出力を見せているブラッドリーが選んだヒロインは、世界の歌姫レディー・ガガです。

 レディ・ガガといえば大ヒットした「ポーカー・フェイス」や「ボーン・ディス・ウェイ」は大好きでしたが、彼女がどんな人かを聞かれれば、正直あんまり詳しいわけではなくて、生肉のドレスをはじめ、超奇抜な衣装でダンスミュージックを歌うド派手なシンガーというくらいしか認識がありませんでした。だからこそ、この『アリー/スター誕生』はどんな映画になるのか見当もつかなかったのですが、素顔の彼女が、何のエフェクトもない丸裸の歌を歌ったその瞬間、映画の中のブラッドリー演じるジャクソンが彼女に夢中になったように、私も彼女の歌に心臓がバクバクしました。歌声に魅了されてしまうとはこのことなのでしょう。本当に素晴らしかった。

 ミーハーな私は、映画を観た直後からレディー・ガガのドキュメンタリーや伝記などあらゆるものを読み漁ってしまったのですが、イタリア人の愛情深い家族に囲まれ、ナイトクラブで働きながら歌手を目指していたのも彼女の人生そのもの。アリーとガガの人生が鏡のようになっていることを知って、今もう一度映画を観に行きたいと思っています。。最初から最後まで自分自身であることを貫き続けるアリーと、その役柄を丸裸で演じ切ったガガの、勇敢さと凛とした姿に心底震えました。★★★★★(森田真帆)

監督:ブラッドリー・クーパー

出演:レディー・ガガ、ブラッドリー・クーパー

12月21日(金)から全国公開


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス