芸能・文化

国産初のドラマ原盤発見、TBS 「ぽんぽこ物語」約60年ぶり

 国産初のテレビドラマ「ぽんぽこ物語」の一場面。右は主演の小鳩くるみさん(TBSビジョン提供)

 TBSホールディングスは18日、国産初のテレビドラマのフィルム原盤が約60年ぶりに見つかったと発表した。見つかったのは、1957年11月から58年2月にラジオ東京テレビ(現TBS)で放送された「ぽんぽこ物語」(全75話)の71話分の16ミリフィルム。生中継のスタジオドラマが主流だった時代に、フィルム収録した初のドラマ。

 TBSホールディングスによると、フィルム原盤はTBSの子会社の倉庫に保管されていた。カビや大きな傷などはなく、再生できたという。

 「ぽんぽこ物語」は、子ダヌキが人間に生まれ変わって旅をする物語で、主演は当時の少女スター小鳩くるみさん。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス