スポーツ

柔道女子の田知本愛が引退 15年世界選手権準優勝

 田知本愛

 柔道女子78キロ超級で2015年世界選手権準優勝の実績を持つ田知本愛(29)が18日、現役を引退すると所属先のALSOKが発表した。

 16年リオデジャネイロ五輪70キロ級金メダリストとなった妹の遥とともに富山・小杉高、東海大で活躍した。15年には全日本選抜体重別選手権、全日本女子選手権で優勝。しかしリオ五輪の代表争いはけがもあって競り負けた。

 田知本愛は「多くの方に支えていただきながら、自分が納得するまで柔道を続けることができました」と発表した談話で感謝。今後については「何らかの形で柔道に携わっていけるようまい進してまいります」と述べた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス