政治

F35、105機新規取得へ 政府、B型は42機

 F35Bステルス戦闘機

 政府は18日、最新鋭ステルス戦闘機F35について、AB両型を合わせて新たに105機取得することを閣議了解した。うち短距離離陸・垂直着陸が可能なF35Bは42機。F35Aは63機。順次取得を進めていく方針で、既に一部は中期防衛力整備計画(中期防)に盛り込まれている。F35Bは、事実上の空母化となる護衛艦いずも改修後の搭載が想定されている。

 新たに取得するF35105機は、F15のうち改修困難な99機分の代替機と位置付ける。既にF4の後継として42機のF35Aの配備が進んでおり、F35は将来的に計147機の体制となる。


(共同通信)