芸能・文化

柳楽優弥はカメレオン俳優? 「銀魂2」イベント

 イベントに登場した柳楽優弥(左)と福田雄一監督=18日、東京都内

 映画「銀魂2 掟は破るためにこそある」のブルーレイ&DVDリリース記念イベントが東京都内で開かれ、俳優の柳楽優弥と福田雄一監督が撮影秘話を語った。

 劇中で柳楽は“真選組鬼の副長”土方十四郎と、“ヘタレオタク”のトッシーの二つの人格を熱演した。演じ分けの苦労について「カメレオン(俳優)なんで…」と気取って語ると、福田監督は「柳楽君は普段トッシーですよ。僕の印象では、むしろ十四郎(の役作り)に苦労していた」と明かした。

 同作で、子役時代からのライバルという三浦春馬と共演した。柳楽は「一緒にオーディションを受けると、春馬君ががっつり役を取っていく。同年代のみんながライバル視していたので、共演は超うれしかった」と振り返った。

 福田監督が「子役時代からのライバル関係ってすごくないですか。子役がこの年まで売れていること自体がすごい」とうなると、柳楽は「ちょっと太ったりしましたしね」とポツリ。

 自ら“黒歴史”に触れていくスタイルで司会者を慌てさせたが、柳楽は「全然、黒くないですよ。(今回の)役柄にちゃんと生きてますから」と歯牙にもかけない様子だった。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス