スポーツ

西武の外崎、来季「内野で準備」 内外野守る万能選手

 【ホノルル(米ハワイ州)共同】西武の外崎修汰内野手が17日、優勝旅行で滞在中の米ハワイ州ホノルルで取材に応じ、今季は内野手登録で外野手としても76試合に先発出場したが、来季は「自分の中でまずは内野で準備していこうと考えている」と語った。

 4年目の今季は119試合に出場して打率2割8分7厘、18本塁打、67打点といずれも自己最高成績をマーク。オフに二塁を守っていた浅村栄斗内野手がフリーエージェント(FA)権を行使して楽天に移籍し、二塁手で出場機会が増えることが予想される。

 万能選手として10年ぶりのリーグ制覇に貢献し、初めてハワイを訪れた。


(共同通信)