政治

自公、参院選候補者を相互推薦 協力態勢を強化

 会談に臨む自民党の甘利明(左)、公明党の佐藤茂樹両選対委員長=18日午後、国会

 自民党の甘利明、公明党の佐藤茂樹両選対委員長は18日、国会内で会談し、来年夏の参院選選挙区の公認候補を相互に推薦することで合意した。自民党は両党候補者が競合する改選3、4人区のうち埼玉、神奈川、愛知、兵庫、福岡の5選挙区で公明党候補を、公明党は32ある改選1人区を中心に自民党候補を推薦する。

 相互推薦により協力態勢を強化し、改選1人区で野党が模索している統一候補に対抗する構えだ。

 改選3、4人区の一部では自民党内に2人目の候補擁立論がくすぶる。甘利氏は記者会見で、公明党候補を推薦する5選挙区に関し、自民党は2人目を擁立しないと明言した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス