芸能・文化

藤井七段が7連勝 将棋の順位戦C級1組

 藤井聡太七段

 将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(16)は18日、大阪市の関西将棋会館で指された第77期名人戦順位戦のC級1組で門倉啓太五段(31)を破って7連勝とし、連続昇級に向けて前進した。前期から参加の順位戦では、無敗の17連勝となった。

 藤井七段は12日に史上最速で公式戦通算100勝(18敗)到達後、最初の対局を白星で飾った。C級1組での残りは3局となり、次回、8連勝を懸けて富岡英作八段(54)と対戦する。各10局を戦う同1組は、上位2人がB級2組へ昇格する。


(共同通信)