国際

トランプ財団、解散に同意 NY「違法行為の連続」

 【ニューヨーク共同】米ニューヨーク州のアンダーウッド司法長官は18日、トランプ大統領の慈善団体「トランプ財団」が解散し、保有資金を他の慈善団体などに分配することで財団側が同意したと発表した。州側は財団が2016年大統領選に関与するなど違法行為を繰り返したと主張している。

 アンダーウッド氏は声明で「衝撃的な違法行為の連続」があったと糾弾し、解散は「法の支配の勝利」と宣言した。財団側は違法性の程度などを争っている。

 州検察当局は今年6月、トランプ財団が選挙戦に加え、トランプ氏一家の商売上の利益を目的とした活動をしていたとして、解散を求める訴えを起こした。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス