国際

米、ミサイルのトルコ売却承認 ロシア製に対抗

 【ワシントン共同】米政府高官は18日、米国の地対空ミサイル「パトリオット」を約35億ドル(約3900億円)でトルコに売却することを国務省が承認し、議会に提案したと明らかにした。米政府はトルコがロシア製ミサイルを購入しないよう交渉を進めている。

 実際にトルコがどちらのミサイルを導入するのかは不明。トルコは昨年11月、ロシア製の最新鋭地対空ミサイルS400を導入すると表明。ロシアの国営武器輸出企業は今年8月、トルコへの引き渡しを2019年に始めると発表している。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス