国際

報道関連の記者犠牲、今年80人 8%増、国境なき記者団

 ジャマル・カショギ氏(AP=共同)

 【パリ共同】国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」(本部パリ)は18日、世界で今年1年間(1月1日~12月1日)に報道に関連して死亡した記者(アマチュアや協力者を含む)は前年比8%増の80人に上ったとする2018年の年次報告書を発表した。

 クリストフ・ドロワール事務局長は「記者に対する暴力がかつてない水準に達している。(記者への)憎しみがソーシャルメディアを通じて拡散され、ジャーナリズムと共に民主主義を弱体化させている」と指摘した。

 報告書によると、故意に殺害されたのが49人。サウジ人記者ジャマル・カショギ氏らが含まれる。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス