国際

「ユーチューバー」が申告漏れか 韓国、税務当局調査と報道

 【ソウル共同】韓国メディアは19日までに、米IT大手グーグルの韓国法人「グーグルコリア」に韓国税務当局が調査に入ったと伝えた。報道では、グーグル傘下の動画投稿サイト「ユーチューブ」で活動するユーチューバーが広告収入による所得を申告せず、税金を納めていない疑惑を調べるためだと指摘されている。

 聯合ニュースによると今月12日、税務当局の調査官がソウルの社屋に入り資料を入手。個人で動画を投稿し、再生される回数や時間に応じて広告収入を得ているユーチューバーの申告漏れが調査対象とみられるという。

 著名なユーチューバーは高収入で、韓国でも認知度が高まっている。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス