政治

希望、維新と統一会派了承 松沢代表「選挙協力も」

 希望の党の松沢成文代表は19日、参院での日本維新の会との統一会派結成について、党所属の国会議員全員から了承を得たと明らかにした。国会内で記者団に「国会活動を共にし、将来的には選挙協力なども進めていきたい」と述べた。

 来年春の統一地方選で互いの候補者に推薦を出したり、参院選で選挙区調整したりするなどの協力を推進する考えも示した。

 衆院での統一会派結成を巡っては「衆院側に任せる。できればそれが理想の姿だ」と強調した。


(共同通信)