社会

高1男子の自殺、いじめが原因か 三重で8月、県教委調査

 三重県教育委員会は19日、県立高1年の男子生徒=当時(16)=が8月に自殺したことを明らかにした。周囲の生徒からのいじめが自殺の原因になった可能性があり、県教委はいじめ防止対策推進法が定める「重大事態」と認定。有識者による審議会で経緯を調べる。

 県教委によると、生徒は8月19日に自殺した。生徒のスマートフォンに残されていた無料通信アプリLINE(ライン)の他の生徒とのやりとりを見た家族が8月下旬、「いじめがあったのではないか」と高校に申し出た。いじめの疑いがある書き込みは、7月上旬から自殺の直前までに数回あった。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス