経済

ソフトB通信障害で解約1万件超 社長が陳謝

 東証1部への上場について記者会見するソフトバンクの宮内謙社長=19日午後、東京都中央区

 ソフトバンクの宮内謙社長は19日の記者会見で、6日発生した大規模な通信障害以降、携帯電話サービスで1万~2万件の解約があったと明らかにした。通話やデータ通信が一時的にできなくなり、全国の約3060万回線に影響したことに対し「重く受けとめ、再発防止策の徹底を図る」と述べ、陳謝した。

 ヤフーと共同で設立したスマートフォン決済サービス「ペイペイ」で、クレジットカードの不正利用が相次いでいる問題については「ペイペイから顧客情報が流出していない。第三者が不正に入手した情報を登録した」と指摘。不正を防ぐ手だては既に実施し、被害件数を調査中だと説明した。


(共同通信)